vio脱毛 メリット デメリット

vio脱毛メリットデメリットお勧め情報とは?今すぐクリック!

vio脱毛メリットデメリットに関係する最新情報を見つけたいなら、vio脱毛メリットデメリットについて載せているこちらのWEBページがおすすめです。本当に貴重なvio脱毛メリットデメリットの情報を、どんな専門サイトよりも確実に知ることができると思われます。

vio脱毛を実践するにあたってのメリットとデメリットにはどんなことがある?


ミュゼプラチナム

詳細について

 

もともと西欧では古くからその文化が根付いていたと言われるvio脱毛ですが、最近では日本でも多くの人が実践しており人気が高まってきています。

その背景には憧れのアーティストやモデルなどに影響されている向きも多いようですが、しかしvio脱毛には単なるファッション的なものにとどまらない様々なメリットがあるのです。

またそれにとどまらずデメリットも幾つか存在しますので、きちんと把握した上で決断するのが良いでしょう。

そもそもvioとは、ビキニラインのv、性器周辺のi、そして肛門周辺のoをセットで表現した言葉のこと。一般的にはデリケートゾーンとも呼ばれるこの部位の脱毛はまさしく全てのムダ毛を払拭する最終段階の施術として知られています。

そのメリットとして挙げられるのは、まず個人が持つ美の嗜好性を究極の形で実現できるということ。通常の腕や足、背中、脇などのムダ毛を払拭していく中で、徐々にデリケートゾーンのムダ毛をなんとかしたいという気持ちを膨らませる人もいますが、その一方で水着を始めとするスポーツのユニフォーム姿に身を包んだ際にムダ毛が出ないように配慮して決意する人がいたり、または恋人や伴侶との性交などの際に体の細部まで全てを美しくケアした自分の姿を見てほしいと願ったり、肌と肌の重なり合いを楽しむために全てのムダ毛を払拭したいと考える人もいます。

さらに衛生面でいうと、デリケートゾーンは下着の締め付けも強く、さらに蒸れやすい部位でもあるので、菌の繁殖によって嫌な臭いが根強く残る特徴もあります。

その点、vio脱毛を行うとそれらのムダ毛を全て払拭するわけですから臭いの原因となる細菌が増殖する土壌がなくなり、臭いも解消されることが期待できます。

その上、ムダ毛を排除すると毛穴も収縮しますので、汗腺から排出されるトータルの汗の量を減少することができるのもメリットと言えるでしょう。

その一方でデメリットも存在するので、もしもエステやクリニックにてこれらの施術をお考えの場合には今一度考慮してみることが必要です。

例えば最大のデメリットと考えられるのが、銭湯などでお風呂に入る際や、スポーツジムやプールなどの脱衣場で着替える時に周囲から驚かれるということでしょう。日本でも徐々に広がっているとはいえ、自分の身近にvio脱毛を実践している人はなかなかいないもの。そんな中でデリケートゾーンが無毛状態になっている人を目撃すると目のやり場に困ってしまうケースは多々起こり得るはず。特に学校のサークル合宿があったり、会社の慰安旅行があったり、仲間同士で海やプールに赴くといった機会は全て自分では想定していないタイミングで飛び込んできますので注意が必要です。

また、エステやクリニックではレーザーやフラッシュを用いた施術方法が一般的ですが、デリケートゾーンであることもあり感覚が敏感なので、ちょっとした痛みでもかなり強く響いてしまう場合があります。

中には痛くて耐えきれない人もいるようですので、まずは照射テストなどでしっかり試したのちに実践することが望ましいでしょう。

そして最後に挙げられるデメリットが、施術後の体調管理が難しいということです。

そもそも体毛というものは汗を吸い取って乾燥させる機能を持っているもの。それが無くなると体外に放出された汗がダイレクトで地肌に付着して身体を一斉に冷やそうとします。

その感覚が脱毛以前とは全く異なるので、従来通りの状態でいると身体を冷やしすぎて風邪をひいてしまうリスクが生じるのです。

また、毛穴の収縮によって汗の量は減少するにしても、ムダ毛に吸収されずにダイレクトに発露する水分の量は増えますので下着が濡れてしまうこともありますし、濡れた下着のままで過ごすことでここでも体調管理が重要な局面が生まれます。

これらのメリットとデメリットをしっかり考えた上で決定したいものです。

ミュゼプラチナム

詳細について